記事詳細

★復興支援サイクリング★10日目

01
11月10日 土曜日

本日も、 左京 選手より 届きました

リポートです。

左京

お疲れ様です!

朝7時半スタート!

目的地に向かう前に、石巻市内を

少し回ります。

津波の爪痕は 酷い所もありますが、

ボランティアさんも 朝から活動され、

工業港もある石巻市は、復興をしていて

活力を感じました。

又、石巻市近郊出身のSF漫画家、

石ノ森章太郎氏のアニメヒーローが

02
街中に何ヵ所かあり 復活のヒーローの

街になるよう願いました。

そして、、

今回はどうしても行きたいと

思っていた場所、、

遠回りしてでも行かなければならない所が、

あります。

それは、石巻市郊外にある

大勢の子供達が亡くなられました

「 大川小学校 」 に、

手を合わせに行く事でした。

津波の破壊力はすざましく、

03
大川小学校の建物は、

ほぼ 壊滅状態でした。

小学校を見たら、

今回も、何も言葉がありません、、

亡くなられた子供達、

関係者の方達に、

今、僕の出来る最大限の

供養をさせていただきました。


04

怖かったよね、

苦しかったよね、

冷たかったよね、、

子供達は、甘いものが好きだろうと思い

お菓子と ジュースをお供えしました。

帰り際、何となく、、

「 おじさん ありがとう 」

と言う 小さな声が聞こえたような、、


そして 道中、数百キロに続く

東北沿岸部は ここだけではなく

沢山の供養等があり

05
何度も、手を合わさせて頂きました。

そして 何にもなかったように

自然豊かな川沿いにある

学校の青空を見上げて、

生まれてはじめて 神様の馬鹿って

言いました、、

笑われるかも知れませんが

ほんとうに自然と出てきた言葉です。

そして、気持ちを切り替えて

リアス式のアップダウンを乗り越え

南三陸町に入りました。

06

鉄道や港は破壊され、

町としての機能はほぼ厳しいのでは?

と思うほどでした。

しかし、沢山のボランティアさんが

瓦礫撤去してくれていて、

07
 
08

プレハブで作られたコンビニなどもあり

街復興の気持ちが沢山感じられていました。

そんな中、 なんにもない瓦礫の中に

09
一台のバスラーメン屋さんがあり

本日は二回目の昼食をしました!

前にも書きましたが、

直接現地に行って そこの宿に泊まり!

食事をし! お金を落とす事!も

復興支援の一つだと思っています。


又 私事ですが、

先月、31日終わりの

岐阜競輪で頂いた賞金は 全て!!

被災地での義援金と飲食費に落とす!

と決めていました。

そして、 バスラーメン屋のある場所が、

あまりにも衝撃的な!町並みなので、

おばさんに、

「 町の中心地はどこですか? 」

と聞いたら、、

「 はい、ここですよ! 」

と、おばさん。

えっー?

「 何にも 無いじゃないですか! 」

僕は、込み上げる涙を必死に抑えて

ラーメンを食べました。

どんな高級な中華レストランで

出されたフカヒレ入り拉麺より

このバスラーメン屋で食べた

10
愛情深い こんな美味しいラーメンは

食べた事はありません。

南三陸町のバスラーメン屋さん、

本当に美味しく皆さんお勧めです。

そして、おばさん!

本当に大切な事に気付かさせて頂き

本当に有難うございます。

南三陸町の復興を心から願います!

そして、夕方暗くに 気仙沼市に

着きました!

毎日のように、

悲しみがあり、悔しさがあり、

そして、人の優しさを感じています。

本日も最後まで読んで頂き

有難うございます。

本日の 走行距離 119キロ

左京 源皇

カテゴリー: 東日本震災復興支援サイクリング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP