記事詳細

★復興支援サイクリング★最終日①

01
11月11日 日曜日

さっそく 左京 選手の レポートです。

左京

ここ、気仙沼市には

震災後二度目の訪問です!

実は私、

昨年震災の影響で 全国の競輪が中止の際に、

10日間ほど 気仙沼市と陸前高田市で、

瓦礫撤去などのボランティアに

行かさせてもらいました。

まだ、

震災2ヶ月ほどの気仙沼市は 衝撃的でした。

油の匂いが立ち込め、

また、魚介類などの腐敗した匂いや

数多くの 大きな船が陸地に座礁をし、

横転した車や、川に流された

そのままの家などがありました。


02
 
03
そんな記憶が残るまま、、

朝、8時半 ホテルをスタート!

まずは、気仙沼市内を 回ります。


04
05
一年半 過ぎた気仙沼市内は

まだまだ 津波の傷痕が、

沢山あるにも関わらず、

さすが!



男漁師、海の港街!



震災前とは

行かなくとも 漁船が立ち並び

仮設の飲み屋横丁や、

06
商店街などが

ありました。

カモメが 空を飛んでいて

港町、特有の潮の香りの風が

とても嬉しく感じました。

気仙沼市JA祭りとも重なり

07
市長さんの姿をパチリ。

又 気仙沼市は海のイメージがありますが

様々な フルーツもあり試食も

08
大変美味しく頂きました。

そして、私の友人が

NPO法人
アジア太平洋子ども救済センター

と言う所に 知り合いがいまして

気仙沼市に行かれましたら、

ぜひ この私設保育園に義援金を!

と、勧められました。

アジア太平洋子ども救済センターは

東北被災地の仮設住宅に住む人達に

新米プロジェクトとして 様々な物資を

今も支援をしています。

ご縁を感じましたら、皆さん

ホームページの一読を!

FAXは、058ー391ー2071 です。

そして、気仙沼市にある

私設保育園

★キッズルーム おひさま★ に

皆様からお預かりした義援金の一部を

★キッズルームおひさま★

09
代表 里見 理事長先生に寄付をさせて

頂きました。

そして、少し お話を聞かせてもらいました。

ここ ★キッズルームおひさま★は、

町中にあり、3.11震災の時には子供達を

いち早く先生方がバスで高台に

移動させましたが、

保育園の建物等は津波で全壊をしました。

子供達を高台に移動させた後も

前理事長は、

「 他にも子供達がいるだろう! 」と

助けに町に戻りましたが

帰らぬ人となりました、、。

震災直後は 親御さんもバラバラなので

数日間、先生方が子供達を守り

親御さんに返したそうです。

避難所暮らしの時は

夜寝れない子供達が多く

親御さんの声を受け足を棒にして駆け回り

様々な関係所に、

「早く仮設の保育園を作って下さい」

と、お願いし

早急に仮設で作られた保育園を

作られたそうです。

里見先生は、

叔母である亡くなられた

前理事長さんの事だけでも

大変なのに、、、

、、里見先生のお話しは

本当に胸がうたれました。

あと、職員さんの給料もはばからず

運営面も非常に厳しい!

ともお話をしていました。

認可を受け入れれば、

国から補助金などを受けれるそうですが

さまざまな、規制があるそうです。

ここは気仙沼、男の港町!

補助金を使うと様々な規制がある

保育園より、時間外や日曜日保育など、

幅広く規制を受けない私設保育園を

気仙沼の親御さんは、

望んでいるそうです!

実際、

「気仙沼市は福祉関係の復興は遅れています」

と話していました。

今年夏にも、

新しい保育園は出来たそうですが、

土地!建物!

これらも全て ご縁ある方々の

善意の寄付で建てられたそうで

財政的に本当は、いろいろと厳しいそうです。

震災復興予算を、

被災地にまったく関係のない

・南極の調査捕鯨事業や

・ベトナムの原発輸出調査、

・沖縄の国道整備等々に

使われたのを先日新聞で見ました!

、、???

意味がわかりません!

本来はえらい政治家の先生方や

お国は、こういう所に

目を向けなければなぁと僕は思います!

ホームページもありますので

気仙沼市★キッズルームおひさま★

10
の子供達へご支援ご縁を感じた方々

よろしくお願いしますm(_ _)m

電話0226ー24ー5729です。

②に続きます。

カテゴリー: 東日本震災復興支援サイクリング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP